SAO一巻読了しました

こんにちは織田檸檬です、よえみんです。
今回はとある作品に感化されたので記事を書きました。なのでいつも以上に読みにくいですご了承ください。
ネットゲームってなんだろう、仮想世界ってなんだろうっていうテーマで書かれ(たとあとがきに書いてあった)第一巻。読んだのは川原礫氏の作品「ソードアート・オンライン」です。割と今更感ありますかね。

僕はいつも作品に触れた時、よく感想を述べがちなんですが、今回は感想ではなく、こういうことを考えるなあ(考えちゃったな)っていう、派生して妄想した部分について書こうと思います。

僕が派生妄想した部分は、大まかなところでいうと「倫理コード」具体的なところでいうと「現実世界に戻ってもなおいなくなったアスナを求めるキリト」

「倫理コード」………というか僕はそれを題材にした同人作品群かなぁ。のっけから本編と関係ないじゃんって感じですが。仮想世界の方がいいんじゃないかっていう危険な知覚。いや怖いですよ。だからネトゲしたくない。僕が生物として備わってるであろう、なんかやばそうだから近寄らないでおこう、っていう感覚の由来はSAOみたいな素晴らしいサンプルを見るからだと思いますね。
別にSAO一巻ではゲームしないと生きていけないみたいな描写はなかったんですけどね(やめたくてもやめられない)。むしろ彼らの方がそこらへんわきまえてるんでしょうけど。ゲームはゲームだろみたいな。

快楽を覚えると深みにはまりますもんね人間。薬依存コラじゃないけど、あのループには入りたくない。SAO一巻はそういう誘惑との葛藤ではなくどちらかというと脱出劇に近いもの(かなり苦しい見方ですが)でしたが、蜜の味を秘めてますよね。ここで一生平和に暮らしたいみたいな描写がありましたが。そういう恐ろしい欲望が僕の感じるSAOの魅力の一つだと思います。同人誌じゃいく度となくアスナは白目向きながら気持ちよく喘いでたりしますけど、ああいう、ドラッグなしのセックスは考えられない、みたいなのが怖い。怖いけど魅力的。やっぱり現実世界って普通に生きてたらしんどいから。妥協しないとやってられないから。ああいう、知っちゃいけない世界を覗いてみたくなる。SAOを見たくなる。

ネトゲも同じで。というかゲームに限らず、音楽もテレビも小説も、多分コンテンツ自体もそういうものですよね。だからすでにもう、僕自身あのループの中には入ってるとは思うんですが、小説(TV etc...)とゲームはタバコとモルヒネくらいの差を感じます。僕はデジタルネイティブじゃないのでそう感じるのかもしれませんね。ゲームとネットは僕が大きくなるのと同じタイミングで成長していきましたから。
でもこれ、僕が小学生のころ64の時オカに没頭したのとほぼ同じなんだって考えると苦笑します。なんだ僕も似たようなこと経験してんじゃんっていう。あの頃親に30分しかゲームをさせてもらえなかったから、逆に中毒的にゲームがしたかったなあ。今じゃ腐る程時間があるのに、全く興味がわかない。作る方が楽しい。

SAOの魅力の一つだと思いますけど、同時にあまり実感がわかなかったのはこういうゲームでなんやかんやするっていう部分でしたね。小説にダイブしてるのに、さらにその中でSAOにダイブする。遠いです。一巻の終わりは現実世界でアスナを探す終わりだったので、多分これからの方が楽しく読めるのではないかなと思ってます。とはいえ僕が小学生のころに出会っていれば、一生忘れることのないコンテンツになってたと思います。感覚が鈍っているのを痛感しますね。エロなしじゃ響かないのかと自分で情けなく思います。僕の方が快楽に溺れていて麻痺してるんだと書いていて自覚させられちゃいました。

「現実世界に戻ってもなおいなくなったアスナを求めるキリト」に関してこれもかなり屈折した妄想をしました。本編だと口から砂を吐いてしまうほど愛しあってましたからこの行動は当然なんですけど、僕はアスナが架空もしくはもういないという妄想をしました。似たようなこと、覚えがないわけじゃなくて。エロゲとかギャルゲとか、そういう本来はいない女の子を好きになるってなんだか哲学的じゃない?ってことです。いや全然哲学的じゃないんですけど笑 気持ち悪いで一蹴されちゃうんですけど。ていうかSAOじゃアスナは本当に存在する女の子なんですけど。
でも、架空の女の子を求めてさまよう男の子ってなんだか引きつけられます。あの猿猴捉月感、僕は好きなんです。だからいいなって思いました。いや本当に全然見当違いなんですけどねSAO的には。でも僕はあのシーンに惹かれましたね。

というわけで長々と垂れ流してしまいました。レビューですらない。SAOを肴に自分の考えを吐き散らしただけですね。でもそういう気持ちにかりたたせるSAOは、やはり素晴らしい作品なのだなと改めて思いました。こりゃ売れるわ。普通に面白いですし。
これから続編を読むかは未定ですが、実際のゲーム機本体のシステムをどうやって作り上げたのかは気になりますね。ぶっとんでてもいいから何かSFチックな解説を期待しています。

それではー。
FC2 Management

食あたり完治に一週間かかった

こんにちは織田檸檬です、よえみんです。みなさん食べ物に気を使っていますか。
今回はよくあるエントリ記事のような感じで書いてみようと思います。最近こういう書き方練習しているので。

----
経験した症状
3月16日の夜から熱が出始めました。翌日までは高かったのですが、明後日には引きました。熱は案外早く引きます。ですがその間お腹の方はずっと下痢が続いてました。結構しんどかったです……
30分に一回はトイレに通ってました。水道代やばそう笑
幸い嘔吐はなかったです。まともなお通じがきたのはちょうど一週間後でした。長かったです。

食あたり=食中毒
食あたりっていうのは通俗的な呼び名で、医学用語では食中毒というらしいですね。食あたりと食中毒って違うものだと思いがちですが、一緒のようです。
普通こういう場合は病院にいくべきなのでしょうが、足がないのとトイレから離れられなかったのでいきませんでした。あとネットでいろいろ見ていると、どうやら病院にいっても整腸剤をくれるだけみたいだったので、僕はビオフェルミンでしのぎました。あとポカリ。

ポカリに関してはいろいろ迷いましたね。水でうすめろとかそもそもポカリは体によくないとかなんとか。迷った挙句、僕はそのまま常温で飲みました。急性糖尿病になるかもとかいう恐ろしいワードを見ましたが、脱水症状とも隣り合わせだったのでこの際無視しました。結果よくなったのでよかったのかなと。ポカリとお湯とお茶を適度にローテーションしてたので問題なかったのかな。

ネットスーパーが便利
今回非常に助かったのがネットスーパー。ポカリもうどんも全部ネットスーパーを利用しました。一人暮らしの方にはすごくおすすめです。代引もできるしクレカも使える。設定金額以下だと送料が発生しますが病気中にそんなん気になりません。ネットスーパーで検索すればいろいろな店舗がでてくると思うので探してみるとよいですね。ただ配達時間は結構タイムラグがあるので(はやくても昼以降)その辺注意して注文しましょう。

--------

生ものは気をつけるべきだ! とはいえどうしようもないですよねこればっかりは。まぁ運が悪かったんでしょう。
どうやら買ってきた寿司に当たってしまったようで。本当につらかったー。
昔からお腹は弱かったみたいなので当たっちゃったんですかね。でも物心ついてからこんなにひどい腹痛を経験したことなかったので死ぬかと思いました。一人暮らしだったらもっとひどかったかも。
僕はシェアハウスをしているので夜飯は作ってもらったりしてました。こういう時人がいると助かりますね。いやマジで本当にありがとう。

今回はたまたまこれで治りましたが、もちろん別の病気の可能性もあるので、ひどい場合は素直に病院にいきましょう。
また治っても手先がしびれだしてきたら迷わず病院に。とにかくなんでもいいから病院に行こう。こんなブログを参考にしている場合じゃありません。

春休み只中

織田檸檬です。よえみんです。現在春休みまっただ中です。人生で一番怠惰な日々を過ごしております。
就活もいよいよ現実味を帯びてきて大学生活の早さを痛感させられています。

放課後の万有引力完全版に関しましては現在じわじわと制作を進めております。公式の方もツイッターの方も更新せずに放置してしまって申し訳ないです。ある程度まとまったら広告していこうと思います。

まとまった時間があるのは今のうちしかないので、やりきれなかったことをやっていこうと思います。

AfterEffectsで複数の静止画像をフレームごとに並べる方法

なんだか久しぶりの更新。

こちらのサイトにありました。動画メモもあってすごくわかりやすかったです。ですがMacだったので、忘れないうちにWin用のメモを。(もしかしたら元のサイト様はWinをMacに置き換えたのかもしれない。まぁ私的メモだし……)

といってもほぼ一緒。違うのは一つだけ。
Windowsの場合、Option+]のところは、Alt+]でできます。
あと、今回は1フレームごとでしたが、2フレームごとにしたければ、2フレーム目に。5フレームごとにしたければ、5フレーム目にもってきてAlt+]すればよいです。それからシーケンスレイヤーにすればおk。

以下、手順です。

1:コンポジションを作成
2:静止画像を読み込む
3:読み込んだ静止画像をタイムラインにドラッグ&ドロップ
4:キーフレームが1フレーム目にある事を確認し、option+]を押すことでトリミングされる
5:全ての静止画像を選択し、右クリック→キーフレーム補助→シーケンスレイヤーを選択する。
6:ダイアログでは何もチェックを入れないでそのままOKをクリック
7:静止画像が1フレームずつ重ならないように並べられます。

放課後の万有引力完全版について

こんばんわ、織田檸檬ですよえみんです。
わざわざこっちの個人ブログに書く意図は特になかったのですが、個人的意見なのでこちらに書こうと思います。

現在、我がオリオンベースで制作中の全年齢向けオリジナルサウンドノベル「放課後の万有引力 完全版」は、佳境といいますか、まだ完成には程遠い状態で、たぶんかなりの確率で1/19のこみトレの出展を諦める形になりそうです。

言い訳になるのはわかっていますが、とりあえず現状報告を。
まず、シナリオが最後まで上がっていません。しかしほぼ終わっているそうなので、入手するのは時間の問題かと思われます。
次に原画。これも結構溜まっています。とはいえ、原画さんもタスクがあったので仕方ないことです。
人のことを散々論っておいてなんですが、僕もまたタスクは溜まっています。
スクリプトに関しても、できている分を打ちこめばいいのですが、やってません。これは上記のお二方よりも閉口してしまう理由であります。面目ないです。

いやあカッコ悪い。お恥ずかしい限りです。

そもそも僕個人の意向として、完全版は業者に発注したいと思っていまして、そうなると、この時期にマスターアップできてないのは詰んでいるという感じです。

なのでこの際、シナリオに関しても原画に関しても、出荷することよりも質をあげることに重きをおこうかなと思っています。今までが、参加することに重きをおいていた節があるので、最後はしっかりと納得できるものを作って、みなさんに配布できたらなと思います。

これはあくまで見通しですが、このままクオリティを求めていったとしても、月末には全ての素材があがり、統合兼ブラッシュアップを含めても2月末にはマスターアップ出来るのではないかと思っています。発注をかけても4月には手元に製品がある状態になるかと思います。

そこで考えているのは、関西コミティア44の出展です。
たしか5月18日開催予定だったはずです。申し込み期限も2月あたりでしたし、うまいこといきそうなら、この関西コミティア44で完全版をお披露目出来るのではないかと思っています。

前回の夏コミですら、完全版を期待していた方もいらっしゃったので、誠に申し訳なく頭が上がらないとはこのことなのですが、今一度ご理解のほどよろしくお願いします。

以上、監督の懺悔でした。
プロフィール

よえみん

Author:よえみん
織田檸檬のブログへやうこそ!
Twitter:(at)kyougentou

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR